LOG IN

マジックアワー

by Takapi
マジックアワー (magic hour) 、マジックタイムは、日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯を指す撮影用語で、光源となる太陽が姿を消しているため限りなく影の無い状態が作り出される状態となり、色相がソフトで暖かく、金色に輝いて見える状態である。ゴールデンアワー(golden hour) とも呼ばれる。
Wikipedia 

今日は理想的なマジックアワーだと決めつけられるような日は、その時間帯から飲み始めることをルールにする制度は作れないものかしら。

西荻窪の「夷」の通りに面したテーブルでもいいし、清澄白河の「川床テラス」でもいいし、吉祥寺の「ハモニカ横丁」でもいいし、浅草の「ホッピー通り」でもいいし、なんかこう、建物の中ではなく、建物に面した場所で気軽に飲みたい。昼と夜の境界線上に、外と内の境界線上で飲む感じがマッチするような気がするのだ。

日が落ちれば帰ってもいいし、職場に戻ってもいいし、新宿のナドニエでしっぽりしてもいいし、渋谷の羽當で問わず語りをしてもいい。

プレミアムフライデーという定着しない取組がある一方で、こういう「境界線」的な場所を作ることの方が人の足を向かわせるんじゃないかと思ったりもしている。

日本ではいろんな縛りがあるのだろうけど、もっとそういう場所ができて欲しい。

さっと入れてさっと帰れる場所、探してます。
いや、ただ飲みたいだけなんですけどね。

それでは、また来週から。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Takapi
OTHER SNAPS