LOG IN

好きよりも大丈夫を

by Takapi

 先日とある友人と飲んでいて、
「"好き”と言われるよりも"大丈夫だよ”と言ってくれる人の方に寄りかかりたい」
という話を聞いて、「あぁなるほどなぁ」と思ったんです。

「好き」という言葉はそれ自体がすごいエネルギーなんですよね。
届けられた方も、断るにせよ同じだけのエネルギーで返すことが必要になるわけで。

ただ、ある程度年齢を重ねて自分の気持ちの輪郭が分かってきてコントロールできるようになると、このエネルギーが少し負担になることもあるのかなぁと思ったんです。

だから届ける言葉よりも「包み込んでくれる」言葉の方に安心感をおぼえる。
積み上げた自分を受け入れてくれると寄りかかりたくなるものなんですよね、きっと。

そしてこれは男女間だけではなくて仕事やその他人間関係でも言えそうだなぁと。
相手の想いがわからずに対峙するとき、自分の「好き」をよりどころにして「伝える」ことを優先してしまうような時があります(ありました)。

同じ視座であれば、一気に話が進んでその後はスピード感を持って一緒に走れると思うんですけど、どこかで「体力の違い」に気付くことがあるんです。
そうなった時に必要なのが、出発点まで遡ってお互いに体力を確認して「大丈夫」と言うことなのではないかなぁと。

「好き」には今ここを出発点にして未来を語らせるエンジンになる。
「大丈夫」という言葉は過去と今を肯定するブレーキになる。

アクセルを踏み過ぎたなら、たまにはブレーキを踏むこと。
大丈夫、その一言でたぶん大丈夫なこともあると思います(変な日本語だ)。

それではまた、明日から。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Takapi
OTHER SNAPS